2017年07月22日

撤退!?ODA961風レアなPEQ2装着法!

こんばんは。

ODA961風のPEQ2装着法完全敗北・・・。

アウターバレルががが・・・。

ODA961のミリフォトに登場する激シブなハンドガードにPEQ2直付け!


M16A2のPEQ2装着法を真似て


PEQ用バレルマウントを使えばいけそうな感じ!

ということで・・・さっそく作業開始!

まずはPEQ用バレルマウントSⅡS製PEQ2
合体できるように加工します。

実物PEQ用バレルマウントはインチネジ。

SⅡS製PEQ2はミリネジなので、このままだと合体できません・・・。

以前実物PEQマウントを加工した時と同様に
実物PEQ用バレルマウントのネジ穴M6サイズのタップで切りなおします。

タップ・ドリルオイルをたっぷり塗ってグリグリ~


良い感じに切れました。

で、マウントとSⅡS製PEQ2を合体!




ガッチガチに合体完了!
さすがSⅡS製PEQ2!お高いだけあってネジ穴さえ揃えれば、実物マウント使い放題です。

次はいよいよPEQ用バレルマウント
初期アフなトレポンのアウターバレルに装着していきます。

まずはRASを分解。

で、PEQ用バレルマウントを・・・

分解して・・・

アウターバレルを挟み込むように

装着・・・できない!

またこのパティーンか・・・。

初期アフなトレポンのアウターバレルが太すぎて・・・全く装着できそうにありません。

でもでもM4ハンドガードにPEQ2直付けするならこのやり方しかないはず!


PEQ2のマニュアルにもM4ハンドガードに装着できるみたいに書いてあるみたいだし・・・。

もしかしたら
初期アフなトレポンに使っているMOVEオリジナルアウターバレルに問題があるのかも・・・
ということでMOVEさんのホームページを見てみると

オリジナルアウターバレルの説明文に気になる実銃バレル画像と表記が・・・

「実銃のM4A1は採用当初、ハンドガードで隠れる部分が細く括れたバレルを採用(写真下)していましたが、フルオートを多用する局面、特に特殊部隊に於いてバレルの破損が多発。
これに対応すべく上記部分を大幅に太くしたバレルを開発。(写真上)
これが2003年以降生産のM4A1から多数採用された通称“SOCOM BARREL”。」(本文を要約)

で、MOVE製オリジナルアウターバレル
2003年以降に採用された太いSOCOM BARRELを完全再現しています。

でもミリフォトは2002年頃・・・
つまりODA961の隊員が使っているM4は旧型の細いバレルの可能性が高い!?

確かに旧型M4バレルの画像を見るとかなり細い。
(上:現行SOCOM BARREL 下:旧型バレル)

これならPEQ用バレルマウントも装着できそうです。
MOVEさん・・・旧型M4バレルも出してくれないかな・・・。

ということで・・・何もできないままRASに戻して終了・・・。


普通に戻すのも悔しいので・・・カウボーイさん風セッティングにしてみました。

このミリフォトのM4も見えないけど細い旧型バレルなんだろうか・・・。

見ていただきありがとうございます。  


2017年07月20日

挑戦!?ODA961風レアなPEQ2装着法!

こんばんは。

長年探していたボディアーマーが手に入ったので
またまた初期アフ再燃中!

ちょっとレアなPEQ2装着法に挑戦してみます!

現在、自分の初期アフなトレポンアッパー
ODA961のいつものおじさんをモデルにしてるんですが

モデル

初期アフな次世代m4からずっとこのスタイルなので、久しぶりに更新したくなりました。

で、以前から気になっていたのがコチラの方のM4!


RASじゃなくて
普通のハンドガードにPEQ2が直付けされているように見えます。


レールを使わないアナログ感がカッコいい!

自分の推理ではM16A2とかで見る
PEQ用バレルマウントを使ってるんじゃないかと・・・


実はこのバレル用マウント持ってたりします。


購入してから全く使い道ありませんでしたが・・・
ついに日の目を見るときが!?

M4/M16A2って刻印されてるし・・・M4にも使えそう!?

実物ハンドガードも持ってるし、意外と簡単に装着できるかも!?


上手くいくといいにゃ~。

見ていただきありがとうございます。  


2017年05月28日

超時空変形&電磁合体!?PVS-31発進!

こんばんは。

トレポンが暗礁にノリノリなところに超ステキアイテムが到着!

ARROW DYNAMIC製PVS-31!これは良い物だ!!

購入先はSAMURAIさん!
発売前からブログで紹介されていたので、今か今かと待ちわびてました・・・。

送料込みで8000円程度とは思えない
ロゴ入りのメチャメチャしっかりしたケース!



中身はこんな感じ!

型抜きされたクッションPVS-31がキレイに収まってます。

セット内容PVS-31本体にバッテリーボックスとケーブル。

まずはPVS-31本体!

ゴロッとした塊感がたまりません!かなり頑丈そうな印象です。

こんな感じに超変形!
ハイパードライブ時

戦闘ポジション

すっごい共和国軍っぽく超変形!(色は帝国軍だけど・・・)

レンズ筒の可動部分の粘りも絶妙、力が掛かる部分は金属パーツになってます。


可動部にあるつまみを締めればレンズ筒の角度を固定できます。

その他、細かい所まで凄まじいクオリティー!



マウントに接続するシューズ部分は残念ながら樹脂製。

でもしっかりした精度で、FMA製レプリカマウント

実物ノロトス製マウントもカチッと気持ちよく接続できます。

取り外し時もスムーズです。

本体重量も比較的軽いので気軽に装着して撮影できそう。

ちなみにTMC製PVS-15の重量はこんな感じ

かなり軽量化されてます。

お次はバッテリーボックス!


この価格でバッテリーボックスまで付いてくるだけでも驚きなのに・・・
ムチャクチャ作り込まれてて感動!



スイッチ類は全て可動します。

さらにキャップを外すと・・・

実物同様の電池ボックスが!


ちょっとカタつくけど単三電池4本収納!
バッテリーボックスとしてはダミーでもカウンターウェイトとしてはしっかり機能するかも。

最後は電源ケーブル!

恐ろしいことに、こんな付属品まで良く出来てます。

さすがにコネクター内部まで再現してませんが・・・

コネクター部の口径
NVG側とバッテリーボックス側で微妙に変えてあったりします。

NVG側


バッテリーボックス側


で、超電磁合体!


もうなんか立体物として凄いカッコいい!

FMA製マリタイム(XLサイズ)に装着するとこんな感じ




ケーブルの長さはジャストな感じ、結構ギリです。
が、無駄に長過ぎて余るより良いかもしれません。

もうどっから見てもカッコいい!


あんまり出来が良いからイロイロしたくなっちゃう!


taroybmxさん真似て謎の小箱作っちゃおうかな・・・。

見ていただきありがとうございます。  


2017年05月16日

LPW用新兵器!?マグライト×トンファー!

こんばんは。

明日はいよいよLPW(Local Police Wars)
ということで・・・仕事のストレス発散も兼ねて新兵器を購入!

まったくNYPD御用達じゃないマグライト用トンファーハンドル!

突然思い立ってamazonで購入!

送料込みで約3000円!マグライト本体より高い!?

しかも大人な2個買い!

中身はこんな感じ

マグライトCセル(単2電池タイプ)にも装着できるスペーサーも付属してます。

マニュアルも付属しますが・・・全部英語でよく分からない・・・。

まあ、イロイロ細かい装着法があるみたいですが


とりあえずマグライト3D六角レンチ1本で装着することができました。

素晴らしい重量感!

鈍器度500%アップ!

マグライト2Dにも装着してさらに倍!

気分はもうマリス・ブラッド!


完全にローカルポリスから軌道を外れまくってますが・・・
仕事の合間に観たローグ・ワンにハマり過ぎちゃったのかもしれませんね・・・。
明日LPWに参加される皆さん仲良くしてください。

見ていただきありがとうございます。  


Posted by 全快娘  at 23:50Comments(0)▼光学機器/ライトライト

2017年04月16日

DIYでPEQ2レンズカバーできるかな!?

こんばんは。

PEQ2レプリカの弱点
レンズカバーのゴムパーツをDIYできるかな!?


大成功!な気がする・・・。

前回、実物レールマウントを装着中
ついに千切れたSⅡS製PEQ2のレンズカバーゴム。


とにかく、どこのメーカー製だろうと
レプリカPEQ2のレンズカバーゴムはすぐ千切れます・・・。

それを見越してレーザー側のレンズカバー
実物パターンジェネレーターに交換済みだったりします。


実物なだけあってゴム部分も超頑丈!
塗装してもレプリカと違ってヒビひとつ入りません。

が、この実物レンズカバーはレーザー用。
ライト側の実物レンズカバーは、売ってるのはほとんど見かけません・・・。

だからといって安物のレプリカPEQ2を買い足してレンズカバーだけ移植しても
すぐ千切れるのは目に見えているので・・・DIYすることに決定!
まずはハンズで材料を買い出し!


厚さ1mmのNBRゴム板!150円!!
耐ガソリンの文字が強そうなので選びました!(無知

まずは千切れてしまったレンズカバーを分解!

パーツの隙間にカッターの刃を入れてひねったら簡単に分解できました。

で、取り出したゴムパーツ買ってきたゴム板に載せて
シャーピーで型を写します。

写した型に沿って、ゴム板からパーツを切り出します。
デザインナイフを使って慎重に・・・

やろうと思ったら超メンドーだったので・・・普通のハサミでザックリ切り出しました。


ハサミで切り出したから・・・断面ちょっとガタガタですが・・・
塗装したら気にならないでしょう!だぶん

穴は革細工用の穴あけポンチで開けます。

超いい加減なDIYのわりには良い感じにできたのでは?

仕上げにレンズカバーを組み立て!
ゲーム中に分解すると嫌なので・・・軽く瞬間接着剤をつけました。


DIYなPEQ2レンズカバー完成!

いよいよPEQ2と合体!

合体成功!!

速攻で千切れたらどうしようかと思いましたが・・・
さすが耐ガソリンゴム板だ!ビクともしないぜ!!



ということで、SⅡS製PEQ2も完全復活!
さっそく初期アフな次世代m4に装着!




レンズカバーのゴム部分だけ塗装するか悩みましたが・・・
そんなに目立たないのでこのままいきます。

意外と上手くいったので・・・
もうすぐ寿命が来そうなバッテリーキャップのゴムパーツDIYできるかな?


見ていただきありがとうございます。  


Posted by 全快娘  at 00:13Comments(0)▼光学機器/ライト▼エアガンライト