2017年12月04日

PVS-31バッテリーボックスをカスタム指令!

こんばんは。

まだまだ続く
いまさらARROW DYNAMIC製PVS-31アップグレード大作戦!

今回はバッテリーボックスをアップグレード!

といってもバッテリーボックスに関してはアップグレードパーツはほどんど無く・・・
KIMPLACUSTOM製PVS-31アップグレードキットの組立マニュアル
カスタム内容の指令が載ってるだけ・・・。
まずは第一の指令!

バッテリーボックスのランヤードを短くせよ!

かなり地味なわりに・・・すっごい大変そうなカスタムです・・・。


このランヤードが少し長いくらい別に気にならないんじゃ・・・
等という雑念は捨ててさっそく作業開始!

まずはランヤードのシュリンクチューブ(カバー)ニッパーで除去。

ランヤードを留めている金属製の留め金ラジオペンチで分解!

これすっごく大変でした・・・。

そして今回唯一使うカスタムパーツ登場!
(本当にこのチューブだけKIMPLACUSTOM製PVS-31アップグレードキットに付属してます)

ラグジュアリーなシュリンクチューブ!

短く切断したランヤードシュリンクチューブを通して、
留め金でランヤードを再接続!

地獄のように面倒な作業でした!!

で、シュリンクチューブを留め金に被せてライターで熱収縮!

ランヤードカスタム完成!

これに気づいてくれる人は世界に何人いるんだろう・・・。

続いてKIMPLACUSTOMからの第二の指令!

バッテリーボックスのケーブル差し込み口を広げろ!!

実はこのままだとアップグレードキットのケーブルコネクタが太すぎて挿しこめません。


なので差し込み口を7mmまで広げないといけないんですが・・・

7mmなんて大口径のドリル、持ってません・・・。

しょうがないので得意のリューター!

広げ過ぎないように慎重に差し込み口を削ります。

で、こんな感じ

慎重に穴の口径を広げたおかげで
緩すぎずきつすぎず、絶妙な固さでコネクタが接続できるようになりました。

これでケーブル&バッテリーボックスのアップグレード完了!

次回はいよいよ本番!PVS-31本体のアップグレードだ!

もう疲れちゃった・・・。
アップグレードキット購入したけど挫折した人多そうな気がしてきました。

見ていただきありがとうございます。  


2017年12月03日

DO IT精神なPVS-31アップグレードキット!

こんにちは。

ギアフェスに間に合わせるため、ついに手を付けた
ラグジュアリーなKIMPLACUSTOM製PVS-31アップグレードキット!

ラグジュアリーな組み込みを予想してたんですが・・・
かなりDO IT YOURSELF精神あふれる仕様です!

前回レンズ部分の組み込みが終わったので今回はケーブル!
こちらがアップグレードキットに入っていたラグジュアリーケーブル!

謎の小箱でケーブルが二股に分かれてたり、
コネクターがリアルなL字だったりするゴージャスなケーブルです。

で、ケーブルは形になってるのでそのまま使えるんだろうと思ってたら・・・
塗装しなきゃいけないみたい・・・。
(ケーブル組立マニュアル)

しかもけっこう細かい・・・。

ホワイト/シルバーの塗料なんてガンダムマーカーしか持ってない。

ガンダムマーカーのゴン太ペン先で塗装するのは不可能に近いので・・・
適当なビニールにグジグジ塗りつけて

面相筆などで塗りつけた塗料を吸い取って塗装!


広い面なんかはそれなりに上手く塗装できましたが・・・

ネジとかコネクター白点とか結構きつい・・・自分不器用なんで・・・



これが限界でした・・・というか細かすぎるだろ・・・。

塗装が終わったらステッカーを貼り付け!

もちろん自分で切り出します・・・。

細かいよう・・・。

で、貼り付け!

おお!なんかそれっぽく見えてきた!!

仕上げに謎の小箱にベルクロを貼り付け!

当然、自分で切り出します・・・。

そして謎の小箱にベルクロ装着!

アップグレードなPVS-31ケーブル完成!

よ~し次はバッテリーボックスだ!

これは・・・ギアフェス間に合わない・・・?

見ていただきありがとうございます。  


2017年12月02日

いまさらPVS-31アップグレーーード!?

こんばんは。

いまPVS-31と言えば、もちろん光るEvolutionGear製ですが・・・
完全に時代遅れARROW DYNAMIC製PVS-31今更アップグレード!!

ラグジュアリーなKIMPLACUSTOM製アップグレードキットも買っちゃったし・・・
いまさら後戻りできないんすよ!!

中野WARRIORSさんで結構前に購入した
KIMPLACUSTOM製PVS-31アップグレードキット!

ARROW DYNAMIC製PVS-31をリアルにカスタムするためのキットです。

シリアルナンバー入りの限定品!

購入後、微妙に忘れかけていましたが・・・
とにかくギアフェスまでに組み上げようと決心!

パッケージのQRコードを読み込めば

ネット上の組立マニュアルに接続!

微妙に怪しい日本語で組み立て方を説明してくれます。

さっそく組立マニュアルに従って
時代遅れのARROW DYNAMIC製PVS-31をアップグレード開始!

まずはレンズから!


レンズ部はただねじ込んであるだけなので簡単に外せます。

で、レンズのアップグレードパーツがこちら

透明アクリルレンズから養生シートを剥がして

レンズカバーパーツ(アップグレードキット)にはめ込み

さらにレンズ固定パーツをはめ込むんですが・・・

すっごいデカイバリが・・・

ニッパーで切り落として

ヤスリで削って

ようやく合体!

さらに球面のブルーレンズをはめ込みます。

で、これをPVS-31から取り外したレンズパーツに組み込みます。

レンズパーツアップグレード完了!

すっごい飛ばして紹介してますが・・・細かい所でバリ取ったり調整したりけっこう大変でした。

せっかくなのでアップグレード前後のレンズを比較!
(左:アップグレード前 右:アップグレード後)

おお!レンズに奥行きが出来た!!・・・気がする

レンズ2本をアップグレード化してPVS-31に組み込み!


ラグジュアリーな面構えになりました!

次はいよいよケーブルをアップグレードだ!

ギアフェスに間に合うのかしらん・・・。

見ていただきありがとうございます。  


2017年10月10日

衝動買い!?PVS-31アップグレードキット!

こんばんは。

忙しいと衝動買いが捗る法則発動!

ラグジュアリー
KIMPLACUSTOM製PVS-31アップグレードキットお買い上げ!

購入先はもちろんWARRIORSさん!

先日のWARRIORSさんのブログ
「限定2セットだけ入荷!」にまんまと乗せられしまいました・・・。


わーい!パーツいっぱい楽しそう!!
nHelmet製AIRFRAMEのK9カスタム計画もまったく手を付けてないのに・・・どうしよう・・・。

見ていただきありがとうございます。  


2017年07月22日

撤退!?ODA961風レアなPEQ2装着法!

こんばんは。

ODA961風のPEQ2装着法完全敗北・・・。

アウターバレルががが・・・。

ODA961のミリフォトに登場する激シブなハンドガードにPEQ2直付け!


M16A2のPEQ2装着法を真似て


PEQ用バレルマウントを使えばいけそうな感じ!

ということで・・・さっそく作業開始!

まずはPEQ用バレルマウントSⅡS製PEQ2
合体できるように加工します。

実物PEQ用バレルマウントはインチネジ。

SⅡS製PEQ2はミリネジなので、このままだと合体できません・・・。

以前実物PEQマウントを加工した時と同様に
実物PEQ用バレルマウントのネジ穴M6サイズのタップで切りなおします。

タップ・ドリルオイルをたっぷり塗ってグリグリ~


良い感じに切れました。

で、マウントとSⅡS製PEQ2を合体!




ガッチガチに合体完了!
さすがSⅡS製PEQ2!お高いだけあってネジ穴さえ揃えれば、実物マウント使い放題です。

次はいよいよPEQ用バレルマウント
初期アフなトレポンのアウターバレルに装着していきます。

まずはRASを分解。

で、PEQ用バレルマウントを・・・

分解して・・・

アウターバレルを挟み込むように

装着・・・できない!

またこのパティーンか・・・。

初期アフなトレポンのアウターバレルが太すぎて・・・全く装着できそうにありません。

でもでもM4ハンドガードにPEQ2直付けするならこのやり方しかないはず!


PEQ2のマニュアルにもM4ハンドガードに装着できるみたいに書いてあるみたいだし・・・。

もしかしたら
初期アフなトレポンに使っているMOVEオリジナルアウターバレルに問題があるのかも・・・
ということでMOVEさんのホームページを見てみると

オリジナルアウターバレルの説明文に気になる実銃バレル画像と表記が・・・

「実銃のM4A1は採用当初、ハンドガードで隠れる部分が細く括れたバレルを採用(写真下)していましたが、フルオートを多用する局面、特に特殊部隊に於いてバレルの破損が多発。
これに対応すべく上記部分を大幅に太くしたバレルを開発。(写真上)
これが2003年以降生産のM4A1から多数採用された通称“SOCOM BARREL”。」(本文を要約)

で、MOVE製オリジナルアウターバレル
2003年以降に採用された太いSOCOM BARRELを完全再現しています。

でもミリフォトは2002年頃・・・
つまりODA961の隊員が使っているM4は旧型の細いバレルの可能性が高い!?

確かに旧型M4バレルの画像を見るとかなり細い。
(上:現行SOCOM BARREL 下:旧型バレル)

これならPEQ用バレルマウントも装着できそうです。
MOVEさん・・・旧型M4バレルも出してくれないかな・・・。

ということで・・・何もできないままRASに戻して終了・・・。


普通に戻すのも悔しいので・・・カウボーイさん風セッティングにしてみました。

このミリフォトのM4も見えないけど細い旧型バレルなんだろうか・・・。

見ていただきありがとうございます。