2017年12月04日

PVS-31バッテリーボックスをカスタム指令!

こんばんは。

まだまだ続く
いまさらARROW DYNAMIC製PVS-31アップグレード大作戦!

今回はバッテリーボックスをアップグレード!

といってもバッテリーボックスに関してはアップグレードパーツはほどんど無く・・・
KIMPLACUSTOM製PVS-31アップグレードキットの組立マニュアル
カスタム内容の指令が載ってるだけ・・・。
まずは第一の指令!

バッテリーボックスのランヤードを短くせよ!

かなり地味なわりに・・・すっごい大変そうなカスタムです・・・。


このランヤードが少し長いくらい別に気にならないんじゃ・・・
等という雑念は捨ててさっそく作業開始!

まずはランヤードのシュリンクチューブ(カバー)ニッパーで除去。

ランヤードを留めている金属製の留め金ラジオペンチで分解!

これすっごく大変でした・・・。

そして今回唯一使うカスタムパーツ登場!
(本当にこのチューブだけKIMPLACUSTOM製PVS-31アップグレードキットに付属してます)

ラグジュアリーなシュリンクチューブ!

短く切断したランヤードシュリンクチューブを通して、
留め金でランヤードを再接続!

地獄のように面倒な作業でした!!

で、シュリンクチューブを留め金に被せてライターで熱収縮!

ランヤードカスタム完成!

これに気づいてくれる人は世界に何人いるんだろう・・・。

続いてKIMPLACUSTOMからの第二の指令!

バッテリーボックスのケーブル差し込み口を広げろ!!

実はこのままだとアップグレードキットのケーブルコネクタが太すぎて挿しこめません。


なので差し込み口を7mmまで広げないといけないんですが・・・

7mmなんて大口径のドリル、持ってません・・・。

しょうがないので得意のリューター!

広げ過ぎないように慎重に差し込み口を削ります。

で、こんな感じ

慎重に穴の口径を広げたおかげで
緩すぎずきつすぎず、絶妙な固さでコネクタが接続できるようになりました。

これでケーブル&バッテリーボックスのアップグレード完了!

次回はいよいよ本番!PVS-31本体のアップグレードだ!

もう疲れちゃった・・・。
アップグレードキット購入したけど挫折した人多そうな気がしてきました。

見ていただきありがとうございます。





同じカテゴリー(▼▼▼ギアログ▼▼▼)の記事画像
MARSOCなGEN2コンパンMULTICAM!
まだまだ大放出!?LZHなMARSOC装備!
レプBHI初期型コマンドチェストハーネス!
最新LE装備!?デラックスVSチェンジャー!
装備イロイロ大放出!?CRYE&HOGUE&ICOM!
U.S.M9実物グリップ重量アップカスタム!
同じカテゴリー(▼▼▼ギアログ▼▼▼)の記事
 MARSOCなGEN2コンパンMULTICAM! (2018-04-24 00:09)
 まだまだ大放出!?LZHなMARSOC装備! (2018-04-22 00:32)
 レプBHI初期型コマンドチェストハーネス! (2018-04-20 00:10)
 最新LE装備!?デラックスVSチェンジャー! (2018-04-19 00:06)
 装備イロイロ大放出!?CRYE&HOGUE&ICOM! (2018-04-17 00:35)
 U.S.M9実物グリップ重量アップカスタム! (2018-04-16 00:12)


<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。