スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2019年01月09日

100%REALなMY CRYE AVS!

こんばんは。

ついに完成!?

100%実物なCRYE AVS!

それでは、さっそくMIL-FREAKSさんから購入した
Crye Precision製AVS 2-BAND SKELETALカマーバンドAVSに装着していきます。

まずは実物MBAVプレートからレプリカハーネスを引っぺがします。

レプリカを分離してせいせいしたところで、
MBAVプレート前後のショルダーストラップを貼り合わせ

MBAVプレートポーチセットに付属してきたショルダーカバーで包み込みます




AVS 2-BAND SKELETALカマーバンドの金具を外して


MBAV背面プレートのウェビングカマーバンドの端っこを通し・・・


カマーバンド付属のバンジーコードで左右を接続!

カマーバンド前をMBAVフロントプレートに貼り付けて・・・

100%実物のCRYE AVS完成~!


このサッパリとした感じ、嫌いじゃないです!!
これでもう「レプリカ野郎!」と後ろ指さされることもなくなると思うと感無量。(妄想野郎
早くゲームに行きたいにゃ~。

見ていただきありがとうございます。
  


2019年01月08日

CRYE AVSを100%実物化計画!

こんにちは。

昨年からイロイロ買い足してるのに全く実物化が進まないCRYE AVS!
ということで新年早々、AVS完全実物化計画を決行しました。

Crye Precision製
AVS 2-BAND SKELETAL カマーバンド!


なんとか安く組み上げようとして失敗しまくり・・・
すでに実物AVSが2つくらい買える金額を投入したのに未だに半分くらいレプリカ
悲しすぎる自分のAVS・・・。

とにかくハーネスが未だにTMC製なのが痛い・・・。

しかし・・・実物は高すぎる・・・。

これだけでプレキャリ2つくらい買える金額です。

どうしたもんかとお気に入りのMARSOCなミリフォトを眺めていたら・・・






あれ?意外とAVSハーネス使ってない人多いじゃん!?
もしかしてAVSの実物カマーバンドだけでいけるのでは!?

ということで、
安い・早い・カワイイの三拍子そろったMIL-FREAKSさん
Crye Precision製AVS 2-BAND SKELETAL カマーバンドを購入!


実物でも税込み6800円!激安!
※実物ハーネスに比べれば・・・

で、実はこれ昨年の11月くらいに購入してまして・・・
仕事が忙しすぎて放置してたんですが、今日ついに開封!

もちろん外袋は丁寧にハサミで切って保管します・・・典型的日本人なので・・・。

中身はこんな感じ


自分的に超大事なCRYEタグ。サイズはS/Mです。
タグの下側にある四角は名前を書き込むんでしょうか・・・?

実物はバンジーコードも良いやつ使ってるわ~

ベルクロも取り外しやすいように、端っこは切り返しになってたりします。

さすが実物!

さあ!これで自分のAVSも100%に!!

続く!

見ていただきありがとうございます。  


2018年10月19日

対ギアレボ用CRYE AVSセッティング!!

こんにちは。

アッという間に明日になってしまったギアレボ!?
最強イベントに向けて我が軍が誇る圧倒的高額装備にさらに軍事費注入!

フハハ、見よ!圧倒的にかっこよくなった我がAVSを!!

先日、M50ガスマスクを購入するきっかけになったミリフォト。


最初はこんな感じにプレキャリ無しのシンプルスタイルで行こうかと思ってたんですが・・・

だんだんと、こちらのミリフォトが気になり出しまして・・・

気づいたら中野のWARRIORSさんでポーチを購入してました・・・。


NARP C-A-Tホルダー!

裏側のウェビングは縦でも横でも取り付けられる便利仕様。

ミリフォトでも目立ってるTQ(ターニケットの略)フォントが素敵です。

さっそく手持ちのターニケットを挿入してみます。

こんな感じに入れて

蓋をするとこんな感じ

これはこれでスッキリしてて良いんですが、
ミリフォトはMARSOCが大好きなベロ出し仕様なので・・・

真似てベロ出し!

うん!カッコいい!!

で、調子に乗ってこんなブツまで購入・・・。


実物AVS デタッチャブル フラップ!
約15,000円の超豪傑ポーチ!

高級品なので・・・もちろん外袋も保管します。

以前、EMERSON製のレプリカは持ってたんですが・・・
やっぱり実物は違う!!

・・・と言いたかったんですが、そんなに違わない・・・。

必死にレプリカとの違いを探したところ・・・裏側ベルクロの強度が丁度よい感じ。


レプリカは強すぎて取り外しがめんどくさかったんですが・・・実物は適度に弱いです。

あとは・・・隠れた所にあるタグかな・・・。


ここに1万円くらいの価値があります。(狂

で、ギアレボ用ポーチが揃ったので我がAVS様に装着!

まずはCRYE様の高級ポーチから


ベルクロが適度に弱い分、レプリカより装着しやすい感じ!さすが実物!

実物外装のトレポンマガジンを挿入。


良いふくらみ。

仕上げにNARP C-A-Tホルダーを装着します。

ミリフォトを参考に位置を決定。


ミリフォトを真似てカラビナも装着してみました。

C-A-Tホルダーがなかなかの存在感!

圧倒的じゃないか!我が軍は!!
明日が楽しみ過ぎる。
ギアレボ参加予定の皆さん、よろしくお願いいたします~!!

見ていただきありがとうございます。  


2018年05月20日

ガチ装備向けプレート・セメントカスタム!

こんばんは。

ガチ装備勢のマストカスタム!?
ダミープレートセメントでリアルウェイト化!

まあ・・・リアルウェイトは無理だったんですけどね・・・。

IRODORI MILITARYさんサイズ調整してもらったカンダハルなプレートキャリア!

超お気に入りの逸品になったんですが・・・

中に入れるTMC製ダミープレートが軽すぎ!?

わずか275g。プレートが軽すぎてイマイチ体に馴染みません・・・。

こうなれば・・・かなり前から気になっていたガチ装備勢のマストカスタム
ダミープレートのリアルウェイト化に挑戦するしかない!!

実物プレートの重量1枚約2キロ!
さっそくハンズでプレート2枚分4キロのセメントを買おうと出かけたんですが・・・

2キロってこんなに重いの!?
こんなの前後2枚も背負うの絶対無理・・・。(即挫折)

で、とりあえず2キロ分のセメントを購入しまして・・・
実物の1/2、1枚約1キロのプレートを作成することにしました。

材料もそろったのでセメントカスタム開始!
まずはプレート上部の穴を広げて注入口を作ります。

ダミープレートは樹脂製なのでリーマーで簡単に穴を広げられます。


注入口ロートを挿入。

約700gのセメントを用意しまして


※ダミープレートの重量275g+セメント700g=1kg

少量ずつロートを使ってダミープレート内に注入します。


セメントはなかなか入り難いので・・・割り箸などでつつきながら注入しました。

セメント700g注入完了!


ダミープレートの重量と合わせて約1キロ!予想通り!!

さらにセメントを固めるため水を約150cc用意しまして・・・

ロートで注入!

注入口をガムテープでふさいで

セメントと水がよく混ざるようにシェイクシェイク!!

セメントが偏らないように置き方に注意して乾燥させること1時間。


ダミープレート・セメントカスタム完成!


1キロまでしか測れない計量器なのでエラー表示出ちゃってますが・・・
992g+水150cc(150g)=約1150gらいの重さになってるはず。

このダミープレートもう1枚作成して
カンダハルなプレートキャリアに挿入!


うおう!かなりの重量感!これが実戦の重さなのか!?(1/2ですが・・・)

プレートに適度な重量が加わって装着感はアップしたかも~

ダミープレートのセメントカスタム!エセ装備勢には1/2くらいがおすすめです!!

見ていただきありがとうございます。  


2018年05月19日

対ギアフェス用MARSOCなカンダハル!

こんばんは。

対ギアフェス東北決戦用装甲がついに完成!

以前紹介したカンダハルメイドのプレートキャリアサイズ調整してもらいました!

先日、勢いだけで衝動買いしたBLACK OPS製プレキャリ!


アフガニスタンの現地テイラーで作られたローカルメイドの装備を総称して
カンダハルメイドと呼ぶそうです。

物資が不足しがちだった初期アフ(2000年初期頃)によく登場する装備なんですが・・・
MARSOCなミリフォトにも登場!?


このいい加減なウェビング配列はまさにカンダハルメイド!(隣の人も?)
CRYEのコンパンと相性抜群じゃないっすか!?
さすが米軍界のファッショニスタMARSOC!

こりゃ真似するしかない!
ということで・・・まずはサイズがデカすぎるBLACK OPS製プレキャリサイズ調整!


毎度お世話になっているIRODORI MILITARYさんにオーダーしました。
左右半コマ分ずつ詰めてもらってます。

ショルダーハーネスの配置内側に移動されています。

元からこうだったとしか思えない完璧な出来栄え・・・
さすがIRODORI MILITARYさん!

その他、粗悪なベルクロやいい加減なウェビングなど
カンダハルメイドな雰囲気はそのままです。

粗悪なベルクロも見た目は悪いですが・・・


今でもしっかりパッチを装着できます。

で、TMC製ダミープレートを挿入!


IRODORI MILITARYさんにオーダーした際、
このダミープレートに合わせてサイズ調整してもらったので・・・

完璧にフィット!
が、このダミープレート軽すぎる・・・中身が軽すぎて体から浮く感じ・・・。

ダミープレート1枚の重量はわずか275g

もしかして・・・重くしたら良い感じになるかしらん?

続く・・・。

見ていただきありがとうございます。