2015年06月08日

次世代m4クレーンストック リアル化計画!

こんにちは。

先日ようやく「風立ちぬ」を観ました。
大感動!宮崎駿監督の最高傑作!!現在自分のNo1映画です。
感動しすぎて話し方まで庵野になってしまい・・・周囲に気持ち悪がられています・・・。

で、そんなこととは全く関係なく
東京マルイ純正次世代m4クレーンストックリアル化しました!

やってることは以前やった次世代m4ストック刻印カスタムとほとんど同じですが・・・
さらにお手軽にやってみました。

今回犠牲になったのはヤフオクで購入した中古のマルイ純正クレーンストック


バッテリー搭載能力とリアルさを兼ね備えたステキな設計だと思うんですが・・・
MADE IN JAPAN刻印がちょっと微妙です。

以前やった刻印カスタムでは、ここに無理やりシリアルナンバー刻印を入れましたが
とても面倒なので・・・今回は刻印を消すだけにしました。

使ったのはいつものプラリペア!

刻印部分プラリペアの粉末をふり掛けて

凝固液をたらして固めます。

完全に乾燥したところでサンドペーパーで慣らせば完成~


周囲も結構削れちゃってますが・・・
どうせ最後に汚し塗装するので大丈夫!(必死
とりあえずMADE IN JAPAN刻印は消せました。

次はストックのハンドル?部分

赤枠にLMT刻印を入れます。

以前と同様に刻印の型レプリカLMTクレーンストックからいただきます。


型取くんをお湯で温めて

レプリカLMTクレーンストックのLMT刻印部分に押し付けて

数分後硬化したら完成~


塗料もくっついちゃいましたが・・・型は取れているようなのでOKです‼

以前はここからタミヤのエポキシパテを使いましたが
今回はプラリペアでお手軽に仕上げます。

純正クレーンストックのハンドルプラリペアの粉末をふり掛けて

凝固液をたらしたら、速攻でLMT刻印の型を押し付けます


プラリペアが完全に固まったところで型を外すと・・・

ちょっと浅めですが・・・LMT刻印のコピー完了‼

最後に刻印の周囲サンドペーパーで慣らしました。

で、パーツが揃ったのでクレーンストックを組み立て


う~ん・・・やっぱり超地味!!


自己満足の世界は恐ろしいですね・・・。

ちなみに昨日配信開始の「愉快全快エアガンTV」第4回では
PRC-148の汚し塗装をご紹介してます‼


サバゲマンの超絶汚しテク汚しマニア必見です!

見ていただきありがとうございます。