2018年03月08日

M45A1スミ入れ計画リローデッド!?

こんばんは。

前回の東京マルイ製M45A1フレームのスミ入れ
微妙にスミが入らなかった部分をリベンジ!

今度はかなり良い感じ!

購入直後に準備していたタミヤスミ入れ塗料(ブラック)
スミ入れを決行されてしまったM45A1!

全体的には上手くいったんですが・・・

1箇所だけ浅い刻印部分にスミが入らず残念な結果に!?

さらにコメントで
「M45A1の刻印はレーザーで焦げて茶色らしい」という貴重な情報までいただき・・・
リベンジせずにはいられない!

が、同じやり方をしても同じ結果になるので・・・
造型界のファンタジスタmorizo師匠スミ入れのコツを少し教えてもらって再挑戦!

今回使うのはスミ入れ用塗料ではなく
タミヤ エナメル塗料フラットブラウン!

morizo師匠の格言①
「スミ入れ用塗料だと薄すぎて剥がれやすい
エナメル塗料を少し薄めて使うべし!」

の言葉を受けて中野のブロードウェイで購入してきました。

フラットブラウンを塗料皿に出して、
エナメル薄め液をスポイトで微調整しながら加えます。

morizo師匠によると水くらいの薄さが良いそうです。

で、コレを面相筆で刻印に流し込みます。

溢れる溢れる・・・

そして、ここからが第2のポイント!

morizo師匠の格言②
「エナメル塗料は乾燥が遅いので
定着するまでジックリ待つべし!」


ということで放置すること約10分!
※もっと待った方が良いのかもしれませんが・・・待ち切れませんでした・・・。

刻印から漏れたフラットブラウンのエナメル塗料
薄め液に漬けた綿棒で慎重に剥がしていきます。

で、こんな感じ!

おお!浅い刻印に塗料がしっかり残っている!
端っこの方は少しかすれ気味ですが・・・凄い進歩です。

イケそうなので・・・
前回ブラックでスミ入れした刻印を全部剥がします。

エナメル薄め液に漬けた綿棒でグリグリやれば簡単に落ちます。

そして、薄めたフラットブラウンで再スミ入れ!

乾燥後、薄め液に漬けた綿棒で漏れた部分を剥がして・・・
スミ入れ完了!



刻印が深い部分は楽勝です!

スライドを組んで完成~!


フラットブラウンはもう少し濃い色でも良かったかも・・・でも超満足です!
morizo師匠ありがとうございます~!

見ていただきありがとうございます。




同じカテゴリー(▼▼▼ギアログ▼▼▼)の記事画像
装備は革命だ!?ギアレボ大開催!
対ギアレボ用CRYE AVSセッティング!!
MARSOCなガスマスクM50タイプα!
MARSOCな短パンコーデでナツキマリ!
サバパー水曜どうでしょう!?
愉快全快ギアフェス東北日記!2日目!!
同じカテゴリー(▼▼▼ギアログ▼▼▼)の記事
 装備は革命だ!?ギアレボ大開催! (2018-10-21 15:02)
 対ギアレボ用CRYE AVSセッティング!! (2018-10-19 16:03)
 MARSOCなガスマスクM50タイプα! (2018-10-17 11:34)
 MARSOCな短パンコーデでナツキマリ! (2018-06-29 18:41)
 サバパー水曜どうでしょう!? (2018-06-28 23:50)
 愉快全快ギアフェス東北日記!2日目!! (2018-06-05 23:35)


この記事へのコメント
こんにちは。
エナメル溶剤は非常にプラを浸食しやすく、特にABSは割れやすいので注す塗料は最小限に、拭き取りも溶剤ビシャビシャにならないようにするのが望ましいです。(ラッカーでも割れることはありますので同じく注意が必要ですが、エナメルはそれ以上に要注意です)

目に見えないような微細なひびなどから浸食するそうなので、新品のうちにやったのは良かったかもしれません(^^;)
Posted by delideli at 2018年03月08日 09:09
>deliさん

こんばんは。

貴重なアドバイスありがとうございます!
まだそういった被害はでていませんが・・・気をつけて作業します!
Posted by 全快娘全快娘 at 2018年03月08日 19:57
スミ入れですか。
エナメル塗料をうすめる際、
純正の溶剤よりZIPPOオイルを使用したほうがプラに侵食する前に揮発してくれるのでおススメですよ。
ペトロールと呼ばれる油絵の具の溶き油絵の具を使用しても大丈夫です。
Posted by K at 2018年03月10日 09:45
>Kさん

こんばんは。

ZIPPOのオイルが使えるんなんて!?
確か部屋に転がってたので・・・今度試してみます。
貴重なアドバイスありがとうございます!
Posted by 全快娘全快娘 at 2018年03月15日 00:06
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。