2017年01月29日

東京マルイS&W M66漢のリアルカート計画!

こんばんは。

ヘッドショット定例会の惨敗により
東京マルイS&W M66 漢のリアルカート化計画決行!

装弾数24発を6発へ!
1発の重みを噛みしめやがれ!?

ということで、ただでさえ戦力にならなかった東京マルイ製S&W M66
装弾数を減らしてロマンを得る無謀な作戦始動!

amazon東京マルイリボルバー用のリアルライブカートを購入!

マルゴー製レインボーラグーンのカートだと思って購入したんですが・・・

C-Tec製?なんだろうこの初手から失敗感漂う雰囲気は・・・。
ちなみにお値段は送料込みで約3400円でした。

中身はこんな感じ


カートはどう見てもマルゴー製に見えるんですが・・・やっぱり別メーカーなんだろうか・・・?

カート先端にBB弾を押し込むと・・・


カート内にBB弾をしっかり保持してくれます。(手荒に扱ってもBB弾がこぼれたりしません)

ちなみにカートに付属する説明書?には

「分解・加工・組み立てをすることでメーカー保証は一切受けられません。」の説明文が
しつこいほど繰り返し書かれていて不安にさせます・・・。

で、このリアルライブカートはそのままでは使えません・・・

東京マルイS&W M66を分解・加工・組み立てして
ダミーカートを取り除く必要があります。

マルゴーさんのホームページに写真付きの丁寧な加工法が載っていますので、
そちらを参考に作業を進めました。

まずは赤枠のマイナスネジを外します。


これでシリンダーブロックが外せます。

シリンダーブロックの先端を傷つけないように布で養生してペンチで握り
矢印方向にシリンダーを回転

ヨークパーツがズボッと外れます。

ここからがちょっと難題。
シリンダー中央奥の矢印パーツを外さないといけないんですが・・・

通常のマイナスドライバーだと幅が足りずかみ合いません。

自分は幅と厚みが絶妙だった平棒ヤスリを発見!

シリンダー平棒ヤスリを突っ込んで矢印方向に回転

シリンダー中央にあった真鍮パーツを外します。

これで、シリンダー裏側のダミーカートを抑えていた黒ネジが外れ

ダミーカートパーツがポロポロと外れます。


ダミーカートパーツは漢らしくゴミ箱へ!
というのはエコロジーに反するので・・・
またいつか装弾数24発に戻せるように大切にとっておきます。

ダミーカートパーツを取りのぞき、、分解作業の逆回しで組み立てれば
東京マルイS&W M66リアリカートカスタム完成!


さっそくリアルライブカートを装弾してみます!


カートを挿し込む度にカチャッカチャッと心地よい音色を奏でるシリンダー・・・
これは楽しいぞー!

全弾装填完了!

発射!


おお!ほんのちょっと初速上がった・・・かな?
リアルライブカート化したことで引き金が軽くなって軽快に連射できるようになりました。

これでタナカに勝てる!(うそ


まあ・・・実戦でヒット取れるかどうかは別にして
リアルライブカートはムチャクチャ面白いのでおすすめです!

見ていただきありがとうございます。





同じカテゴリー(▼▼▼ギアログ▼▼▼)の記事画像
MARSOCなGEN2コンパンMULTICAM!
まだまだ大放出!?LZHなMARSOC装備!
レプBHI初期型コマンドチェストハーネス!
最新LE装備!?デラックスVSチェンジャー!
装備イロイロ大放出!?CRYE&HOGUE&ICOM!
U.S.M9実物グリップ重量アップカスタム!
同じカテゴリー(▼▼▼ギアログ▼▼▼)の記事
 MARSOCなGEN2コンパンMULTICAM! (2018-04-24 00:09)
 まだまだ大放出!?LZHなMARSOC装備! (2018-04-22 00:32)
 レプBHI初期型コマンドチェストハーネス! (2018-04-20 00:10)
 最新LE装備!?デラックスVSチェンジャー! (2018-04-19 00:06)
 装備イロイロ大放出!?CRYE&HOGUE&ICOM! (2018-04-17 00:35)
 U.S.M9実物グリップ重量アップカスタム! (2018-04-16 00:12)


この記事へのコメント
マルゴーの販売ブランドがC-Tecですので大丈夫ですよ。マルゴーは事実上休業するので今後製品の生産が止まるようです。
Posted by シン at 2017年01月29日 13:47
>シンさん

こんばんは!

貴重な情報ありがとうございます!
これで安心してリアルカートを楽しめます。

が、今後なくなってしまうようなら買い溜めしておかないといけませんね・・・
困った。
Posted by 全快娘全快娘 at 2017年01月29日 22:38
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。