2012年04月29日

レプ6094ちょっとカスタム

こんにちは。

相変わらずTMCの6094をちょこちょこいじってます。
仕事が全然はかどりません・・・。

TMCのレプリカはかなり良くできてるんですが、
やっぱり価格相応で細部がチャチです。

例えばカマーバンドパラコード

なんかやたらと細いゴム紐みたいです。
ここはサイズ調整する際に力がかかりそうな箇所なので交換します。

用意したはちょっと太目のパラコード


ゴム紐を取っ払って交換

がぜん力強い感じになりました。
これで安心してサイズ調整のとき、パラコードを引っ張ってバリバリはがせます。

ついでにカマーバンドの背中のパラコードも交換します。

こっちもゴム紐です。

TMCのレプリカは自分にはちょっとオーバーサイズなのでカマーバンドの背中部分で調整します。

重ねて組み合わせてみました。

普通はカマーバンドの前部分でサイズ調整すると思うんですが、
そうするとカマーバンドのサイドについてくるポケットが死んでしまうんです。


背中で調整すると、カマーバンドのポケットが両端とも生かせます。


これでサイズもぴったりになりました。


まだまだいろいろいじりたいですね。
見ていただきありがとうございました。  
タグ :装備


2012年04月28日

For レプ6094

こんばんは。

現在TMCのレプリカ6094に夢中です。
今までモールに縁がなかったせいで、コレだけあると着けちゃ外し着けちゃ外し朝までやってます・・・。

で、思わず買ってしまいました。

TMCのレプリカS&Sカンガルーポーチ3000円くらいでした。

本物は2万以上してるので、まず買えないです・・・。
LBTの2645Aもけっこう安いんでかなり迷ったんですが、未来派な外観に惚れてこっちにしました。

さっそく装着です。



ここまでやって初めて気づいたんですが、このポーチだとWE AKのマガジンが入りません・・・。

しょうがないので元々付いてきたマグポーチも追加


シンプルにしたかったのに、なんかもうめちゃくちゃ重いです・・・。

LBTの2645Aにしておけばナイロン製で柔軟そうだしWE AKのマガジンも入ったかもしれません。
失敗しました・・・。

見ていただきありがとうございます。
  
タグ :装備


2012年04月26日

6094レプ

こんばんは。

ついに買ってしまいましたTMC6094レプリカセットAOR1

これだけついてきて送料込みで9000円切るんです。
恐ろしいですね・・・。

しかもこれが本当によくできてるんですよ。


素材は1000Dコーデュラナイロン


縫製もしっかりしてます。


中身もちゃんと再現


これだけ安いとモールの強度とか心配になりましたが、ガッチリキッチリ装着できます。


自分の持ってるAOR1のBDUと色味を比較。

けっこう違います・・・。
まあ、どっちもレプなんで気にしません。

さっそくいろいろ装着してみました。




初めて6094着てみましたが、動きやすさにビックリしました。
特に腕周りがすっきりしていて、見た目以上に腕をまわせます。

レプがこれだけ良いと本物はやばいですね。
本物が欲しい・・・。

見ていただきありがとうございました。  
タグ :装備


2012年04月25日

腰周りのおしゃれ

こんにちは。

腰周りが寂しいのでベルトハーネスを購入してみました。

本当はLBTあたりのが欲しかったんですが、最近散財がハンパないので妥協。

ベルトはBDUが大当たりだったEmerson Tactical製1980円(税抜き)

同じメーカーなのでBDUと馴染むAOR1カラーにしてみました。
いつかビアンキB9ベルトとか欲しいです・・・。

ハーネスFLYYE製でこれも2000円くらい。
ドラッグハンドルとかLBTのものと比べてチャチな感じですが、この値段ならしょうがないと思います。


ついでにこんなパッチも購入

これを付けようと思うと、とんでもないお金が必要になってきそうですが、
なるべくレプリカでそろえていきたいと思います。

腰周りが全部レプリカだと寂しいので、一点豪華主義でカラビナのみWARRIORSさんで購入。

オメガパシフィック製

よく安いカラビナの注意書きに『山登りには使うな』と書かれてますが、
これには『山登りに使え!!』と書かれてます。


まあ自分は山登りはしないんですが、満足度は高いです。


見ていただきありがとうございました。  
タグ :装備


2012年04月23日

Krebsコンプリート

こんばんは。

WE AK74UNの修理のついでに、ついに装着しましたクレブスタイプマガジンキャッチ


細かいパーツなんで分かりづらいですが、こんなパーツです。


このパーツはLCTの電動用パーツなので、まずはWE純正のマガジンキャッチと比較。
(左:WE純正 右:LCTクレブスタイプ)




ほとんど同じ形状なんですが、細かく見るといろいろ違います。
フレームに固定するネジ穴の位置や、マガジンキャッチのキャッチ箇所の角度など、
このまま交換するときっと良くないことが起こります。

昔、マルイAKのマガジンキャッチを気軽な気持ちで交換したら、マガジンが抜けなくなりマガジンを1本ダメにした記憶があります。

AKは構造上、マガジンキャッチの角度がほんの少し違うだけでトラブルが起こるんです。

なので今回はLCT製クレブスタイプマガジンキャッチのこの部分だけWE純正マガジンキャッチに移植します。


この取っ手みたいなパーツはネジを2本外せば簡単に外れます。


取っ手を外したLCTパーツ

このネジ穴をWE純正のマガジンキャッチにも作ればいいわけです。

ここで新工具登場

いつか使おうとずいぶん前から購入していたタップドリルセット
これだけ入って1500円は安い気がしました。

まずはWE純正マガジンキャッチの表面にネジ穴用の印をつけます。


ネジ径はM3だったので2.5mmの下穴を、いつもの3000円電動ドリルで空けちゃいます。


空きました。


いよいよタップドリルの登場


慎重にオイルをたらしながら、1回転させたら1/4逆回しをしてネジ穴を作っていきます。

これむちゃくちゃ楽しいです。

いい感じにネジ穴ができました。


取っ手を装着

ピッタリです!!
初めてのタップドリルにしては、かなりうまくいったんじゃないでしょうか。

まるで最初からこんなパーツだったかのような美しさ。


これでついにKrebs的外装コンプリート!!



このパーツをつけると右手の人差し指でマグチェンジできるので、M4と似た感触になります。
なかなか使いやすいパーツです。


もうこれで本当に外装はいじるところがなくなったので、これから内側をいじっていきたいと思います。

見ていただきありがとうございました。  
タグ :WE AK74UN


Posted by 全快娘  at 21:56Comments(0)WE AK74UN▼▼▼エアガン▼▼▼