2018年02月11日

U.S.M9実物放出品グリップ&重量アップ計画!

こんばんは。

お気に入りの東京マルイ製U.S.M9実物グリップ化!

さらに重量アップアイテムも投入しちゃうよ計画!

先日例の如く、仕事中ミリブロを徘徊していると・・・
沖縄ミリカジさんブログ実物M9グリップの放出品入荷の情報をキャッチ!
「どうせ実物グリップなんてお高いんでしょう・・・」
なんて思ってたら約3000円とお求めやすい価格だったので即購入!



おお!実物放出品の醸し出す重厚感!


これが3000円は安い!(気がする・・・

マルイ純正グリップと比較
(左:マルイ製 右:実物)

マルイ製もパッと見はかなり近い雰囲気を出しています。

でもやっぱりロゴが違う。
(左:マルイ製 右:実物)

実物のシンプルなベレッタロゴ・・・最高にカッコいいです。

が、実物グリップを装着するとなると問題も・・・
(左:マルイ製 右:実物)

それがマルイ純正グリップ裏に貼り付けられたウェイト。
これが無いと銃全体の重量やバランスが崩れるんです。

マルイ製グリップ1枚の重量が約57g。

実物グリップだと約13g。

重量1/4以下!

で、それをちょっとでも緩和できそうなアイディア商品を購入してみました。

サンプロジェクト製M9/92F用グリップウエイト!

中身はこんな感じ

グリップ内の形状に合わせて切り抜かれたスチール製の板が左右2枚。
これを貼り付けることで重量を約40g増加させることができます。

アイテムも揃ったので
U.S.M9に実物グリップ&重量アップ計画開始!

が!せっかくグリップを交換するならついでにメンテナンスもしてしまおうかと欲が出てきまして・・・

購入当初は絶好調だったU.S.M9なんですが・・・最近ちょっと不調気味。

特にセーフティーとハンマーの連動が微妙で、
セーフティーを入れてもハンマーが戻らなくなってしまいました。

これって実銃の機構を再現したマルイ製U.S.M9のウリなので、結構悲しい・・・。

なのでまずはメンテナンス!
といっても自分が持ってるトイガン解体新書古すぎてU.S.M9の分解記事が載ってない・・・。

本屋に買いに行くのダルイにゃ~なんて思ってたら
ええ!?最新のトイガン解体新書ってKindleで買えるの!?

いや~すごいわ~未来だわ~!

ということで電子書籍でU.S.M9の解体開始!

果たして上手くいくのでしょうか!?

見ていただきありがとうございます。